0

自動車保険は同じ条件でも保険会社によって約3倍も保険料が違う事実!

星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
29 投票, 平均点: 3.55
Loading...

お金の悩み

保険料の節約でお金を貯めるおすすめの方法はありますか?

解決方法

自動車保険の一括見積もりを利用します。

解決方法の概要

自動車保険は、車に乗っていて事故に遭った時に損害賠償などを補償してくれる保険です。

自賠責保険という絶対に入らなければならない自動車保険がありますが、通常はこの自賠責保険では保険金額が不十分なため、任意保険という民間の損害保険会社が販売している自動車保険にも加入するのが一般的です。

車に乗る人で自動車保険に入っていない人はほとんどいないのではないでしょうか?

この自動車保険ですが、どこで入ってもそんなに変わらないんじゃないの?と思っている方も多いと思います。

しかし、同じ条件で実際に見積もりを取ってみると・・・

一番安い保険会社:81,960円
一番高い保険会社:242,280円

となんと3倍近くの保険料の差があったのです。

見積もりをした条件

  • トヨタ:プリウス ZVW35
  • 初度登録年月(初度検査年月):2014年
  • 主な使用目的:日常レジャー
  • 年間予想最大走行距離 5000km
  • 主に運転する方はどなたですか?:本人
  • 本人年齢:昭和59年:30歳

見積もり結果比較

自動車保険会社見積りプラン名1回払保険料
ソニー損害保険株式会社スタンダードプラン134,050円
アクサ損害保険株式会社アクサダイレクト基本設計103,730円
SBI損害保険株式会社ファミリープラン132,770円
チューリッヒ保険会社見積りプラン 184,050円
セゾン自動車火災保険株式会社見積りプラン81,960円
イーデザイン損害保険株式会社特約追加プラン110,730円
セコム損害保険株式会社契約率No.1プラン153,700円
三井ダイレクト損害保険株式会社スタンダード118,460円
そんぽ24損害保険株式会社おすすめプラン3132,950円
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社タフ・クルマの保険プラン③219,540円
株式会社損害保険ジャパンTHE クルマの保険242,280円
東京海上日動火災保険株式会社トータルアシストAプラン230,910円
日本興亜損害保険株式会社カーBOX215,680円
三井住友海上火災保険株式会社GK基本プラン226,560円

自動車保険は、同じ条件で保険会社選びで3倍もの保険料の差がでてしまうのです。

つまり、自動車保険の保険料を節約するためには、大手の損害保険会社はすべてに見積もりを出してもらって、一番安いのを選ぶのがおすすめの自動車保険の選び方なのです。

「書いてある結果で一番安い保険会社だけに申し込めば良いんじゃないの?」

と思ってしまいますが、自動車保険というのは「走行距離」「車両」「等級」「乗車する人」「ライフスタイル」・・・など様々な条件で保険料が決まってくるものです。

そのため、前述した見積もり条件では一番安い保険会社が「セゾン自動車火災保険株式会社」でしたら、他の条件で見積もりをすると一番安い保険会社が変わってしまうのです。

だから、自動車保険の利用者が自分の条件で損害保険会社すべてに見積もりを取って、一番安い自動車保険を探すべきなのです。

「面倒くさいんだけど・・・」

当然、多くの方がそう思うかと思います。

そこでおすすめしたいのが自動車保険の一括見積もりサービスです。

自動車保険の大手20社ほどの損害保険会社に、同じ条件で一斉に見積もりを取ることができます。

インズウェブの保険窓口の場合

最大20社に対して最短5分で自動車保険の見積もりを取ることができます。

insweb_2

利用実績も800万人と多く、平均で自動車保険が安くなった金額は30,597円となっています。

insweb_1

利用に対しての費用はかかりませんので、利用しない手はないのです。

 インズウェブ 自動車保険一括見積もりはこちら

期待される効果

平均30,597円の保険料の節約

必要なコスト

0円

解決方法が有効な理由

自動車保険は条件次第で保険料がかなり違うけれども、保障には大きな差がない

自動車保険の保険料は、前述した通りで同じ見積もり条件でも3倍ほどの差がでてしまいます。

しかし、ほとんどの自動車保険が

  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 人身傷害保険:あり
  • 無保険車傷害保険:あり

と設定が同じなのです。

大きな違いはロードサービスの拠点数や無料レッカー距離、宿泊費用補償などですが、事故が起きたときに数千円の違いにしかならないのです。

何千万という損害賠償請求の補償ができていれば、自動車保険のサービスに大きな違いはないのです。だとしたら、一番安い自動車保険を選ぶべきなのです。

注意点・リスク

定期的に毎年一括見積もりをすることをルーティーンにする

自動車保険の保険会社のサービス競争も激化しているのです。

乗り換えや新規契約でインターネット割引などが適用される自動車保険も少なくありません。

また、今年一番安い自動車保険でも、来年一番安い自動車保険は別の保険会社のものになっている可能性もあるのです。

自動車保険の一括見積もり自体はたった5分の作業ですので、数万円のお得差があるのであれば、毎年、1年に1回は見積もりをしてみると良いでしょう。

解決方法の実施手順

1.自動車保険の一括見積もりをする

インズウェブ 自動車保険一括見積もりはこちら

2.複数の見積もりを入手

3.一番安い自動車保険を探す

4.申込む前に補償内容に問題がないか?チェックする

5.自動車保険に申込む

6.年に1回この作業を行う

解決方法の参考サイト

インズウェブ自動車保険一括見積もり公式サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です