0

週末農業の副業でお金を稼ぐ方法と稼ぐコツ決定版/月10万円

星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
34 投票, 平均点: 4.65
Loading...

お金の悩み

副業でお金稼ぐおすすめの方法はありますか?

解決方法

週末だけ兼業で農業をします。

解決方法の概要

週末農業とは

サラリーマンなどの会社勤めは辞めずに、土日祝日のみ家の近くに遊休地や市民農園をレンタルして、農業をする兼業農家の一種です。

実は平成18年に個人で作った農作物が直売所などでの販売が認められたのです。

郊外にあるレンタル農園、レンタルファームを年間契約で借りて農業をすることが一般的で、家庭菜園とは比較にならない規模の広大な農地を利用できるので、多くの野菜や作物を育てることが可能になります。

収穫した野菜は、家庭で食べてももちろん良いのですが、副業と言う意味では「道の駅」「販売所」などで販売して売り上げを上げることになります。最近では、ECショップを開設してインターネットで直販する販売方法も時代の流れとともに増えてきているのです。

週末農業の収入

週1回の農業で耕作できる面積の目安:1000㎡~3000㎡

幅1m × 長さ10m ウネ1つ = 10㎡ で1万円~2万円の売上

トマト 1000㎡ 売上:173万円 所得:113万円
ナス 1000㎡ 売上:312万円 所得:273万円

ですので週末農業でも十分に100万円以上、月10万円以上の売上を得られる可能性はあるのです。

ただし、農地のレンタルも、農協などで紹介してもらうと15坪で年5,000円ほどと格安ですが、レンタル農園やレンタルフォームの場合には、都心に近く、農家の方がサポートしてくれる反面、賃料がかなり高く設定されています。本気で稼ぐためには、ありもののレンタル農園ではダメということになります。

レンタル農園の価格 参考:レンタルファーム【つくしんぼ】

syumatsunogyo_1

セミサポートプランで37.5㎡(11坪) 8,000円/月

週末農業の副業メリット

  • 野菜を買うお金が節約できる
  • 自然と触れることでストレスが改善できる
  • ちゃんとやるとある程度の売上が見込める
  • 定年後の収入確保が可能
  • 良い運動になる。ダイエット効果も

週末農業の副業デメリット

  • 体力の消耗が大きい
  • 土日のどちらかは休まず手入れが必要
  • 農地まで行く交通費などの費用がかかる
  • 種・苗・肥料・農薬等などの費用がかかる
  • 大きく稼ぐためには農業の知識が必要
  • 大きく稼ぐためには収穫した作物を販売するための知識が必要

週末農業の副業を実行する手順

  1. レンタル農業のサポートプランや体験教室からはじめる
  2. ノウハウが十分に身に就いたところで、地主から農地を直接賃貸して本格化
  3. 育てる作物や販売手法の方法を研究し、売上アップ

週末農業でお金を稼ぐコツ決定版

1.まずは売上よりもノウハウ重視でコスト高のレンタル農園を利用する

何も知らない状態で週末農業で大金を稼ごうというのは・・・現実的ではありません。

前述した通りで、都会の近郊にあるレンタル農園、レンタルフォームは、賃料がコスト高の反面、農家の方のサポートを受けながら体験が可能です。

レンタル農園で週末農業をしても、大金を稼ぐということは難しいのですが・・・

  • どうやって作物を育てるのか?
  • どうやって収穫した作物を販売するのか?
  • 何に注意すれば良いのか?
  • どのくらいの体力的な負担があるのか?
  • 交通費や種・苗・肥料・農薬等にいくらかかるのか?
  • モチベーションは続くのか?
  • 家族の理解は得られるのか?

などを学ぶことができるのです。

「やっぱり、本格的にやるのは大変だ。」と思ったら、辞めるという判断もできるのです。ンタル農園やレンタルフォームであれば辞めるのは簡単です。

「やっぱり、本格的にやってみよう。」と思ったら、広い農園を安く借りられる地主との直契約で独り立ちすれば良いのです。

はじめの1年はレンタル農園やレンタルフォームなどを利用して、週末農業のやり方を実体験することが重要なのです。

2.都会で売れるためには、珍しい野菜の方が売りやすい

最近では、海外で育てられている変わった野菜を栽培する農家が増えています。

  • カステルフランコ
    syumatsunogyo_2
  • ストロベリートマト
    syumatsunogyo_3
  • アーティチョーク
    syumatsunogyo_4

名前だけではピンときませんが、希少価値がある野菜の方が高く売れる可能性が高いのです。ただし、需要は少ない為、売れないリスクも高くなります。また、育てるための書籍などの情報も少ないというデメリットがあります。

3.ネット販売が儲かる売り方

個人でも簡単にネットショップを開設することが可能です。

インターネットであれば、マージンも発生せずに好きな価格で販売することが可能です。

農家の場合は、農協に販売するという方法がありますが、収穫量が少なく、実績が少ない個人の場合は農協は5分の1程度の価格でしか買い取ってくれないのです。

インターネットで販売しながら「○○さんの野菜は美味しい」という評判になれば、ブランドとして確立できるため、より高い価格設定が可能になります。

SNSも普及している今では、ネット販売の方が収入を増やすためには適した販売方法となっています。

期待される効果

想定最高月収:20万円

トマト 1000㎡ 売上:173万円 所得:113万円
ナス 1000㎡ 売上:312万円 所得:273万円

必要なコスト

農地レンタル費用
農地まで行く交通費・ガソリン代
種・苗・肥料・農薬の費用

解決方法が有効な理由

注意点・リスク

農業は気が抜けないリスクがある

農作物は管理をしっかりしていなければ、簡単に害虫や病気になってしまいます。

週末農業の場合、有機栽培などは難しく、農薬などを使って管理の手間を軽減する必要があるのですが、それでも病気になってしまうリスクもあるのです。

病気になった作物は販売することができませんし、虫に食われただけでも天然の防御物質を蓄積して苦味・エグ味が強くなってしまうのです。

売上が0円になってしまうリスクもあるのです。

解決方法の実施手順

1.レンタル農業のサポートプランや体験教室からはじめる
2.ノウハウが十分に身に就いたところで、地主から農地を直接賃貸して本格化
3.育てる作物や販売手法の方法を研究し、売上アップ

解決方法の参考サイト

レンタルファーム「つくしんぼ」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です