0

貯金よりも圧倒的に高金利なのはローンの繰り上げ返済

星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
36 投票, 平均点: 4.50
Loading...

お金の悩み

預金でお金を貯めるおすすめの方法はありますか?

解決方法

ローンがある方は貯金ではなく、ローンの繰り上げ返済に資金を投入します。

解決方法の概要

ローンを返済中の方が貯金を検討している方もいると思います。

貯金ではなく、ローンの繰り上げ返済をすることでお金を貯めます。

ローンにも色々なローンがあります。金利もそれぞれで

  • 住宅ローンの金利 年率1.0%前後
  • カードローンの金利 年率15.0%前後
  • クレジットカードのキャッシングの金利 年率15.0%前後
  • 教育ローンの金利 年率3.0%前後
  • 自動車ローンの金利  年率3.0%前後
    ・・・

となっています。

どの金利を見ても、定期預金の一番高い金利年率0.40%(2015年12月7日時点)と比較すると何倍も高く設定されています。

預金で受け取る利息の金利 < ローンで支払う利息の金利

なのです。

だとしたら、貯金などせずにどんどんローンを返すことが一番のお金を貯める方法と言えるのです。

一番低金利なのは住宅ローンでシミュレーション

シミュレーション条件

住宅ローン借入中の方
借入金額:3000万円
借入期間:35年
借入金利:固定年率1.0%

定期預金:1年複利
定期預金金利:年率0.4%

毎月3万円を住宅ローンの繰り上げ返済にまわした場合

  • 繰り上げ返済しない場合の返済総額:35,589,944円
  • 繰り上げ返済をした場合の返済総額:33,889,874円

利息の軽減効果:-1,700,070円

期間短縮で24年9ヵ月で完済ができたので、支払利息が約170万円軽減されるのです。

残りの10年1ヶ月を毎月3万円定期預金に貯金する

定期預金の受取利息(税引き後):59,456円

毎月3万円を定期預金で貯金をした場合

  • 繰り上げ返済しない場合の返済総額:35,589,944円

利息の軽減効果:0円

35年を毎月3万円定期預金に貯金する

定期預金の受取利息(税引き後):736,910円

  • 住宅ローン繰り上げ返済を重視した場合の利息効果:1,759,526円
  • 積み立て型の定期預金のみを続けた場合の利息効果: 736,910円

1,022,616円も、ローンの繰り上げ返済に回した方がお得になる

これは当然の結果です。預金金利よりも、お金を借りるローン金利の方が高いからです。

しかも、定期預金の利息収入には20.315%(2015年12月8日時点)の税金がかかりますが、ローンの繰り上げ返済には税金はかからないのです。

一番低金利の住宅ローンですら、この結果なので10倍の高金利であるカードローンは計算するまでもありません。

預金をする余裕があるのであれば、ローンを返してしまうのが一番お得な資産運用方法なのです。

期待される効果

ローン金利分の利息軽減効果

必要なコスト

0円

解決方法が有効な理由

絶対に借りる利息はお金を貸す金利よりも高い

お金を借りるローンの金利 = 支払うべき利息
お金を貸す預金の金利 = 受け取るべき利息

お金を借りるローンの金利 > お金を貸す預金の金利

であるならば、預金よりもローン返済に資金を回した方が利息の効果は高いことになります。

銀行は預金などでお金を調達して、ローンでお金を貸して利ザヤで儲けるビジネスモデルです。

必ず

ローンの金利 > 預金の金利

という図式になるのです。

注意点・リスク

ローン繰り上げ返済は引き出せない

預金であれば、定期預金であっても、必要な時には引き出して使うことができます。(定期預金を途中解約すると受取利息は減ってしまいます。)

しかし、ローンの繰り上げ返済の場合は、カードローンや一部の住宅ローンを除けば、基本的には「やっぱり返して」ということはできないものです。(※カードローンは限度額に余裕があれば再び借り入れをすることができます。また、新生銀行の住宅ローンでは繰り上げ返済した期間は返済をストップすることができます。これは実質的にお金が必要な時はローン返済額を抑えることができることにつながります。)

自分の資金が100万円ある場合、100万円と毎月の収入の余裕額全額をローンの繰り上げ返済にまわして貯金が0円になってしまえば、利息軽減効果は大きいものの、万が一のトラブル時に対応できないことになってしまうのです。「病気で入院する」「会社が倒産した」「転職までの生活費が必要」・・・といざという時に資金が必要な状況というのも起こりうるのです。

毎月の収入の余裕額が5万円だとしたら、3万円はローンの繰り上げ返済、2万円は貯金に回すなどバランスを取って資産運用する方法がおすすめです。

解決方法の実施手順

1.利用中のローン金利を確認する

2.定期預金金利よりもローン金利が高いのを確認する

ほとんどの場合高いはずです。

3.ローンの繰り上げ返済手数料を確認する

最近は、カードローンでも、住宅ローンでも、一部繰り上げ返済手数料は無料のところがほとんどです。これが有料の場合はその手数料分を加味して再度シミュレーションする必要があります。

4.毎月一定額をローンの繰り上げ返済に回す

解決方法の参考サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です