0

銀行口座は都市銀行・地方銀行・信託銀行よりも、ネット銀行が安全!?その理由とは

星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
16 投票, 平均点: 4.19
Loading...

お金の悩み

考え方を変えてお金を稼ぐおすすめの方法はありますか?

解決方法

資産はネット銀行に預けます。

解決方法の概要

「なぜ、都市銀行・地方銀行・信託銀行よりも、ネット銀行がローリスクなの?」
「ネット銀行の方が倒産しやすいんじゃないの?」

と思う方も多いと思いますが、ネット銀行がお金を貯めるのにおすすめの理由は・・・

「銀行の営業が来ないから」です。

20代、30代の方であれば、それほど貯金額も多くないため、銀行員が自宅に来て営業してくるというケースは少ないかもしれませんが、銀行の窓口に行くだけでも、カードローンやNISAなどの提案をされるケースがあります。

40代以上である程度の資産を持っている場合には、銀行から電話営業や訪問営業があり、「相続」「投資信託」「外貨預金」・・・など色々な金融商品の提案が来ることが多いのです。

「銀行という信頼性の高い人が提案してくれるならいいんじゃないの?」

と思う方も多いですが・・・だからこそほとんどの金融商品の手数料がネット銀行や証券会社と比較して、高いのです。

銀行の手数料が高い例はいくらでもあります。

米ドル/円での外貨を両替したときの手数料

  • 銀行の外貨預金の為替手数料(両替手数料) = 1円/1ドル
  • 証券会社のFXの為替手数料(両替手数料) = 0.2銭/1ドル

100倍以上です。FXはレバレッジさえかけなければ外貨預金と同じサービスです。

投資信託の手数料

  • 銀行の投資信託の売買手数料率:2.0%~4.0%
  • 証券会社の投資信託の売買手数料率:0.02%~

銀行が販売する投資信託の場合は、「信託報酬」「信託財産留保額」などの手数料が別途かかるケースもあります。

相続対策の提案費用

  • 銀行の場合、提案書の作成:100万円
  • 弁護士・税理士の場合、相談無料、提案資料の作成:0円~

銀行の場合は相続対策の提案の段階でお金を取るのです。

・・・

事例の枚挙にいとまがないぐらいすべての金融商品の手数料が高いのです。

なぜ、高いのか?というと・・

「銀行=信頼できる」「銀行の営業マン=信頼できる」という勘違いをしている方が圧倒的に多いからです。

銀行にとって、顧客は「手数料が高くても、無条件で信頼して金融商品を買ってくれる『カモ』」とばかにされているようなものです!

年齢が高くなればなるほどその傾向が強くなるのですが・・・

  • FX会社は怪しい
  • 証券会社は怪しい
  • ネット銀行は危険
    ・・・

と盲目的に考えてしまっているのです。

実際は銀行の営業マンにこそ「高い手数料で金融商品を売られるリスク」があり、注意が必要なのです。しかも、銀行の営業マンは「給与がいくらか?」「生活費がいくらか?」「預金額がいくらか?」資産状況が筒抜けの状態で、弱いところを突いてくるのです。金融のプロに情報を握られた状態で営業されれば、意図しない金融商品を買ってしまう可能を否定できないでしょう。

「じゃあ、どうすれば良いの?」

ネットバンキングで店舗にいく必要も、銀行員からの営業が来ることもなく、お金のやり取りができるネット銀行を利用することをおすすめします。

基本は、銀行口座はお金の出し入れを中心として利用すべきで、銀行員との関係を持たないネット銀行が良いのです。

金融商品を利用したい場合は

  • 株式投資・投資信託・NISA → 証券会社
  • FX → FX会社
  • 生命保険・終身保険 → 保険会社
  • 相続対策の相談 → 弁護士・税理士

と専門の会社の中で、提案を受けたり、手数料やサービスを比較して、利用するものなのです。

「でも、ネット銀行の方が倒産しやすいんじゃないの?」

それは事実です。

何十年も経営してきたメガバンクとここ10年ぐらいで登場したネット銀行では、資本金も、経営基盤も段違いなのです。

しかし、それは関係ありません。

なぜなら、1000万円までの預金であれば、預金保険で自動的に顧客資産は保護されるからです。経営が不安定でも、1000万円までの預金に分けて、分散してネット銀行の口座を持てば、倒産時に顧客資産がなくなるリスクはないのです。

だからこそ、都市銀行・地方銀行・信託銀行にある預金はネット銀行に移しておくべきなのです。預金金利もネット銀行の方が高いことがほとんどですので、

期待される効果

銀行からの営業をシャットアウトできる

必要なコスト

0円

解決方法が有効な理由

都市銀行・地方銀行・信託銀行の手数料は高いに決まっている

最近では証券会社や保険会社、銀行すべてネット専用の会社が立ち上がっています。

  • インターネット専用の証券会社
  • インターネット専用の保険会社(ダイレクト保険)
  • インターネット専用の銀行(ネット銀行)
    ・・・

インターネットだけで顧客獲得をするので、これらの会社は

  • 店舗が要らない
  • 店舗にかかる光熱費が要らない
  • 店舗に置く人員が要らない
  • 営業をする営業マンが要らない
  • 店舗に置くパンフレットが要らない
    ・・・

つまり、家賃も、土地代も、光熱費も、印刷費も、光熱費も、節約できるのです。

当然、手数料が安くてもやっていけるのです。

逆に昔からある銀行は日本全国に支店を持ち、莫大なコストが必要になるので手数料を高く設定しなければ、やっていけないのです。

だから、都市銀行・地方銀行・信託銀行などの店舗を持つ銀行は、どの金融商品を選んでも、手数料が高いのです。

どれを選んでも割高なので、顧客としては使わない方が良いのです。

注意点・リスク

解決方法の実施手順

1.都市銀行・地方銀行・信託銀行にある預金を把握する

2.1銀行1000万円までに抑えることを想定して、ネット銀行に口座を開設する

3.ネット銀行に預金を移す

解決方法の参考サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です