0

年間約3万円のNHK受信料を払わなくていい世帯もある!NHK受信契約解除の方法を解説

星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
32 投票, 平均点: 4.16
Loading...

お金の悩み

支払手数料の節約でお金を貯めるおすすめの方法はありますか?

解決方法

NHK受信契約を解除してNHK受信料を節約します。

解決方法の概要

誰もが納得がいかない費用のひとつに「NHK受信料」というものがあります。

「なんで、強制的につまらないNHKの受信料を選ばなければならないんだ。有料放送なら使う側が選ぶ権利があるのが当たり前だろう。」

と思う方が大半なのではないでしょうか?

しかし、「NHK受信料」は必ず支払わなければならないわけではありません。

NHK受信料を払わなくていい世帯もあるのです。

ここでは「NHK受信料」の回避方法について解説します。

「NHK見ていないんで払いません。」は通用しない!

NHK受信料は放送法という法律で規定されているものです。

放送法 第64条1項

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置したものは、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

となっているのです。

つまり、「NHKを見ているか?見ていないか?」ではなく、「受信設備を設置してるか?していないか?」でNHK受信契約を結ぶ必要があるかどうか?が決まってくるのです。

「NHK見ていないので払いません。」で押し通している方も少なくないと思いますが

NHKは見せしめのように民事訴訟を毎週のように行っているのです。

nhk_jushin_1

nhk_jushin_2

ここで注目したいのが「受信設備を設置していなければNHK受信料を支払わなくて良い」ということです。

受信設備を持っていない方は契約する必要はありませんので、NHK受信料の集金を断っても法律的に何の問題もないのです。

また、すでにNHK受信契約を結んでいても、解除することが可能になるのです。ただし、解約のためには受信設備を処分した、売却したことを証明する必要があります。処分したときの廃止届や売却時の領収書を利用します。

現代では、インターネット動画や映画やドラマコンテンツをスマフォやケータイで見れるサービスも整っているので、「テレビなしでも生活に支障がない」という方も多いと思いますが、この方の場合、受信機を処分してNHK受信契約を解除して、NHK受信料を節約するという方法がとれるのです。

受信設備とは?

家庭用受信機

  • テレビ
  • ポータブルテレビ
  • ビデオレコーダー(受信機能付き)
  • テレビチューナー付きパソコン

携帯用受信機

  • ワンセグ付き携帯電話
  • ワンセグ付きスマートフォン端末
  • ワンセグ付きタブレット端末

自動車用受信機

  • チューナー付きカーナビ

共同受信用受信機

  • ケーブルテレビ

などが挙げられます。ちなみにiPhoneは今のところテレビは見れないので持っていてもセーフです。

また、他にも

  • テレビ放送受信不可の受信機しかない場合
  • 受信料の免除規定に該当する場合

にはNHK受信契約を結ぶ必要はありません。

テレビ放送受信不可の受信機しかない場合とは

  • アンテナが壊れていて放送を受信できない受信機しかない
  • 壊れていて受信できない

ことを意味します。

受信料の免除規定とは

全額免除世帯

  • 生活保護世帯
  • 市町村民税非課税で身体障害者を含む世帯
  • 市町村民税非課税で知的障害者を含む世帯
  • 市町村民税非課税で精神障害者を含む世帯
  • 社会福祉事業施設(老人ホーム等)入所者

半額免除世帯

  • 視覚・聴覚障害者が世帯主かつ契約者の世帯
  • 身体障害者(1級または2級)が世帯主かつ契約者の世帯
  • 重度の知的障害者と判定された人が世帯主かつ契約者の世帯
  • 精神障害者(1級)が世帯主かつ契約者の世帯
  • 戦傷病者(特別項症から第1款症)が世帯主かつ契約者の世帯

NHK受信契約解除の方法

1.テレビ放送受信可能な受信機を家から失くす

  • 受信機を廃棄する
  • 受信機を売却する
  • 受信機を譲渡する
  • アンテナの撤去

2.NHKに「解約依頼」の電話をする

NHKのフリーダイヤル(0120-151515)へ電話をします。

「テレビ放送受信可能な受信機を家からすべてなくなったこと」と「解約希望」を伝えます。

ちなみにこのときに色々質問してきて、解約をさせないように仕向けてきます。

「すぐに別のテレビの購入予定がありますか?」

と聞かれても、「ない」ときっぱり断りましょう。

3.NHKから「解約届」をもらう

電話の中で「解約届」の送付を依頼しましょう。

このときに廃棄・売却・譲渡した証拠の書類が提示できることを伝えられれば、スムーズに「解約届」の送付ができるようになります。

4.送られてきた「解約届」に記入し、返送する

「解約届」に必要事項を記載して、前述した証拠を同封してNHKに返送します。

5.NHKの審査後、解約が成立する

審査は

  • 何もない場合
  • 電話での確認がある場合
  • 訪問での確認がある場合

の3パターンがあります。

基本的に受信機がなければ、どの方法を取られても問題はありません。

受信機がないことは受信契約を解除する正当な理由なのです。

期待される効果

年間3万円程度のNHK受信料を節約できる

必要なコスト

0円

解決方法が有効な理由

注意点・リスク

テレビが見れなくなるデメリット

この方法は、正規のNHK受信契約の解除方法です。

世間一般に言われている強引な裏技ではありません。
受信契約の解除には受信機の処分が必要になります。

そのため、テレビを見ることができなくなるというデメリットがあるのです。

今の時代は、テレビがなくても

  • fuluやdTVで映画やドラマを見て間に合っている方
  • スカパーのオンデマンドで十分な方
  • youtubeやネット動画を見ることが多い方
  • Yahoo!を見てればテレビのことがすぐに記事になるからいらないという方

もたくさんいるので、テレビがなくても困らない方にはこの方法は有効ですが

毎日テレビを見ているという方にはおすすめできません。

解決方法の実施手順

1.家の中の受信機を処分する
2.NHKに「解約依頼」の電話をする
3.NHKから「解約届」をもらう
4.送られてきた「解約届」に記入し、返送する
5.NHKの審査後、解約が成立する

解決方法の参考サイト

NHK受信料の窓口公式サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です