0

お年玉をケチと思われずに節約するアイディア「ドル紙幣でお年玉をあげる!?」

星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
77 投票, 平均点: 4.22
Loading...

お金の悩み

交際費の節約でお金を貯めるおすすめの方法はありますか?

解決方法

ドル紙幣でお年玉をあげて節約します。

解決方法の概要

2016年のお年玉の相場は、27,644円がお年玉の平均支出総額とのことです。

平均支出総額

otoshidama_shisyutsu

出典:住信SBIネット銀行「お年玉に関する調査」

27,644円の交際費が発生するというのは、決して安い金額ではありません。

しかし、お年玉をケチってしまえば、かわいい甥っ子、姪っ子、お子さんから

「ケチ」って思われるのもできるだけ避けたいところです。

そこで提案するのが「ドル紙幣でのお年玉」です。

なぜ、ドル紙幣でお年玉を上げるのか?

もらった子供たちにとっての「ドル紙幣お年玉」効果

珍しいお年玉で友達に自慢できる

よほど子供たちがお金持ちでなければ、ドル紙幣を見る機会はほとんどありません。お財布にドルがあるだけでも、友達に「おおっ」って言われるのが、子供です。子ども同士での身近な自慢のネタになるという付加価値があるのです。

日本円換算してのお年玉相場がぼやける

小学生低学年であれば、相場では「1,000円~3,000円」が一番多い相場です。間を取るのであれば、2,000円ということになりますが、10ドル紙幣でお年玉を挙げれば、1ドル=120円であれば、1200円の出費です。

しかし、もらった方は1200円をもらうよりも10ドル紙幣の方が特別感があり、日本円換算での価値がぼやけるのです。

2016年お年玉相場

otoshidama_soba

もらった子供の親にとっての「ドル紙幣お年玉」効果

教育効果

当然、ドル紙幣を持つということは、ドルと円の関係を理解しなければなりません。必然的に為替や経済への興味がでてくるはずです。

「ドルを日本円に変えるためにはどうすれば良いのか?」
「為替相場が良いときに日本円に変えるというのはどういうことなのか?」
「外国のお金の価値はなんで変わるのか?」
・・・

「お金の教育」につなげられる効果が期待できるのです。

親にとっては、高額なお年玉をもらうよりも、教育に対する興味を沸かせてくれる「ドル紙幣お年玉」の方がありがたいものなのです。

無駄遣い防止

ドル紙幣をもらって、すぐに銀行で両替してお小遣いとして使ってしまう子供は稀です。普通は興味を持ったり、お財布に入れておいたり、・・・すぐに使わないものです。無駄遣い防止にも役立ちます。

あげる人にとっての「ドル紙幣お年玉」効果

ドル紙幣にする分、相場より安くても気づかれない=節約が可能

ドル紙幣にしてしまえば、お金の価値の感覚は狂うものです。しかも、自慢できたり、珍しいという付加価値がつくので多少相場よりも安くても、価値が高いのです。自然にお年玉支出の節約が可能になります。

他のあげる人と差別化できる

他の人よりも変わったお年玉ほど、子供たちの記憶にも残ります。

あげる人も、もらう子供たちも、もらう子供たちの親も、メリットがあるのが「ドル紙幣お年玉」なのです。

「なぜ、ドル紙幣なの?」と聞かれたときの言い訳を用意しておきながら、試してみましょう。

(例:海外旅行に行ったときのドル紙幣が残っていて、面白いからドルのお年玉にしたよ。)

期待される効果

ケチと思われずにお年玉を節約できる

  • 子供の親からの評価が高まる
  • 子供からの評価が高まる

必要なコスト

ドル紙幣への両替費用

解決方法が有効な理由

お年玉は高額なものをもらっても困るもの

お年玉というのは、親戚や親同士で渡し合うものなので、高額なお年玉をもらっても親からすればデメリットしかありません。

  • 同じ高額なお年玉を相手の子供にあげなければならない
  • 子供が余計なお金を持って無駄遣いの癖がついてしまう
    ・・・

だとすれば、教育の一環として使えるようなお年玉の方がありがたいと感じるのは当然なのです。

もっと言えば、子供が成人するころには、今よりもさらにグローバルな人材が企業には求められているはずです。そのとっかかりとして海外の紙幣、為替の教育ができるのは大きなメリットと言えるのです。

注意点・リスク

解決方法の実施手順

1.あげる子供の年齢とお年玉相場を調べる

2.お年玉の支出予算を決める

3.銀行でドル紙幣に両替する

4.お年玉をドル紙幣であげる

「米ドル円の為替相場が良いときに両替してね。」というように興味が湧くようなセリフで渡しましょう。

解決方法の参考サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です