0

積み立て定期預金で利息・利子の税金を回避する

星1つ星2つ星3つ星4つ星5つ
17 投票, 平均点: 3.82
Loading...

お金の悩み

定期預金でお金を貯めるおすすめの方法はありますか?

解決方法

積み立て定期預金を利用します。

解決方法の概要

定期預金に限らず預金をして得る利息には、税金が課せられます。預金の場合には利息を受け取るときに自動的に銀行側が税金分を引いた金額で入金する仕組みです。(源泉徴収課税)

2015年11月21日時点では

  • 国税:15.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%)
  • 地方税:5%

の税金が受取利息に課せられます。。

例えば、金利 0.10%の定期預金に100万円預け入れたとしたら

1年後には1000円の利子が入金されるはずです。

しかし、前述した20.315%の課税があるため

1000円 × 20.315% = 203.15円 ※小数点以下は切り捨て
1000円 - 203円 = 797円

と受け取れる利息は、ただでさえ少ない利息から約2割引かれてしまうのです。

しかし、これを回避できる定期預金があります。

「積み立て定期預金」

です。

「積み立て定期預金」は、普通預金から毎月一定の金額を定期預金に預け入れる商品です。

ソニー銀行の「積み立て定期預金」で説明すると下記の図のように各お預け入れ額ごとに「明細」がつくられ、その明細ごとに1年目で満期日がきます。

定期預金が毎月積み立て額ごとに別々に明細が作られるようなイメージなのです。

sony_tsumitateteiki

ここでのポイントは

  1. 税金は小数点以下は切り捨て
  2. 定期預金は毎月分別々の明細が作られる

ということです。

毎月の積立額を4,000円にすると

  • 利息は3,000円 × 年率0.20%(2015年11月21日時点) = 6円

になります。

  • 国税 :6円 × 0.15315% = 0.9189円 → 0円(1円未満は切り捨て)
  • 地方税:6円 × 0.05% = 0.3円 → 0円(1円未満は切り捨て)

と切り捨てになり、利息に関する税金が0円になるのです。

毎月6万円積み立て貯金する場合は

3000円の口座を20個別に作っても税金は0円です。

  • 利息収入6円 × 12ヶ月 × 20口座 = 1,440円

1年間で1,440円の利息収入になるのです。

同じ定期預金でもこの方法を使わなずに口座を一つで運用した場合は

6万円の口座を1個作って積み立て

  • 6万円 × 0.2% = 120円
  • 120円の税金 → 24円
  • 利息収入96円 × 12カ月 = 1,152円

1年間で288円も受取利息が変わってくるのです。

少ないと思う方も多いかもしれませんが、毎月積み立て金額が増えていくので

1年目: 1,440円/年
2年目: 2,880円/年
3年目: 4,320円/年
4年目: 5,760円/年
5年目: 7,200円/年
6年目: 8,640円/年
7年目:10,080円/年
8年目:11,520円/年
9年目:12,960円/年
10年目:14,440円/年

10年後には預金額は720万円になり、10年間の受取利息は合計で79,200円になります。

普通預金の金利が0.01%という状況化では、十分にお得なお金の貯め方といえるのではないでしょうか。

期待される効果

預金金利 年率0.20%(2015年11月21日時点)
※1,000円以上100万円未満

+引かれる予定の税金20.315%が発生しない

必要なコスト

0円

解決方法が有効な理由

執筆時点(2015年11月21日)の日本では普通預金は0.01%~0.02%という銀行がほとんどです。

ほとんど利息が発生しません。

税金20.315%を引かれずに利息をすべて受け取れることに加えて、毎月自動的に積み立てられるので無駄遣いをせずに貯金が貯まっていくメリットがあるのです。

注意点・リスク

定期預金の金利が変動するため、積立額を変更する必要がある

あくまでもこの方法は税金が1円未満になるから税金が切り捨てられ必要なくなるという方法です。

毎月の積立額3000円 × 金利0.2% = 6円 × 15.315% = 0.9189円 → 税金不要
毎月の積立額5000円 × 金利0.2% = 10円 × 15.315% = 1.5315円 → 税金発生

となるのです。

0.2%の金利が0.3%になってしまったら、受取利息が9円になり、税金が1円を超えてしまうので積立額を3,000円から2,000円に減らさなければなりません。

逆に0.2%の金利が0.1%になってしまったら、毎月5000円までの積み立てなら税金が不要な計算になるのです。

定期預金の場合は、預入時点の金利が適用されるので金利が変わったら、そのタイミングで積立額を調整すれば良いのです。ネット銀行の積み立て定期であれば、ネットバンキングでインターネット上から簡単に積立額の変更が可能です。

解決方法の実施手順

1.「積み立て定期預金」を比較する

2.高金利の「積み立て定期預金」を選ぶ

3.口座開設 ※必要な数の口座を作る

4.入金

5.定期預金の金利が変動したら、毎月の積立額を見直す

解決方法の参考サイト

ソニー銀行定期預金公式サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です